ちびこといっしょTOP子乗せ電動自転車冬場は電動自転車のバッテリーを室内で保温する
2013年11月21日

冬場は電動自転車のバッテリーを室内で保温する

寒くなってきて、電動自転車を朝の保育園通園&出勤時に使うと、
ものすごい勢いでバッテリー残量が減るようになりました。

室内で満充電にしていても、急な坂でみるみる減り始め、
登り切ったあたりで、バッテリー切れマークがチカチカし始めます。

毎年冬になると、電動自転車のバッテリーの持ちは悪くなります。
でも、今年の減りっぷりはあまりにもひどい。
午後乗っているときは平気なのにな・・・。

*****

バッテリーが古くなったこともあり、毎日急な坂を登るので、
私は、毎晩、室内でバッテリーの充電をしています。
充電器を置いているのは、家の中でも一番日当たりが悪く、
寒い部屋。だってちょっと邪魔なんだもん。

"夜間はバッテリーを室内保管しておき「保温」しておく方がより良いと言えます。
ニッケル水素バッテリーでは外気温0℃以下、リチウムイオンでは10℃以下では一時的に「容量低下」を起こす傾向があります。
電源を入れて「放電」する事でバッテリー自体が暖かくなってくれば能力は回復します。"
    冬場のバッテリーについて
      〜電動アシスト自転車専門店 「ASSIST アシスト」

バッテリーが使う前に温まっていればいいんだよね、と考え、
試しに、保育園年長のちび弟が朝着替えるときの定位置である
脱衣所のアピックスのカーボンヒーターから少し遠いところに、
バッテリーを置いてみました。

着替え終わって、玄関を出て、電動自転車にバッテリーをセット。
後部座席にちび弟を乗せ、出発。急な坂を登ります。

なんと、バッテリー残量が1しか減らない!!

それから毎朝、ちび弟が着替えている横、カーボンヒーターの遠方で、
ほんの少しバッテリーを暖めてから使っています。絶好調です☆

近づけすぎるとプラスチック部分が溶けて変形して危ないし、
高温状態になってもよくないらしいのですよ。

"夏の暑い時期や走行直後に充電を行った場合、高温状態からバッテリーを保護するため、充電を途中で終了する仕組みになっています。時間をおいて、風通しの良い、涼しい場所で再度充電してみてください。
可能な限り常温(20℃〜25℃)の環境で充電されることをお勧めします。"
  バッテリーに関する良くあるご質問〜サイクルベースあさひ

寒い朝、電動自転車のバッテリーの働きが悪いかなーって思う場合は、
暖房のある部屋で、人と一緒に軽く暖めてあげてみてください。
走り方が驚くほど違ってきますよ♪


◆冬の脱衣所で大活躍中の三年目
 アピックスのカーボンヒーター〜ココロデザインショップ

タグ:電動自転車
posted by かこ at 10:46 | Comment(0) | 子乗せ電動自転車
Ads by Google
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
♪ Pick up items ♪ スポンサードリンク
持ち手付き長財布 IH対応炊飯土鍋 つなぎのレインオール 北欧紅茶
エーラベルふりかけ エー・ラベル カレー 化学調味料無添加たれ ゴマ抜きラーメン