ちびこといっしょ

二歳差・保育園卒・小学生のちび兄弟。育児と仕事と日常の話。ゴマアレルギーも。

自分で育つ子供~教育方針なんてもの

私は、あまり、教育熱心ではないと思います。
でも、もちろん、6歳と4歳の子供たちに願うことは、
あります。

  ・自分の生きる分は、自分で稼ぐ
  ・自分のことは、自分で世話できる
  ・自分の好きなことを自分で見つけられる

そんな人間になって欲しいと思っています。

自分で判断できる、人のせいにしない大人に。
自分の人生は、自分で掴みとってほしい。

なので、あんまり口出ししません。
やりたいことは、極力やらせます。
お小遣いも、貯めた分は、好きなように使わせます。

「おかーさん、ジュース」と言われたら
「自分でやりなよ」と答えます。

「おかあさん、おねがい!ジュースついで」と
言われたら、手が空いてたら、
「うん、いいよ」と応え、注いでやります。

お母さんが、自分のことを一番に、
当たり前にやってくれる、なんて、
思わせません。

でも、自主性を無理に伸ばそうとするのは嫌いなので、
着替えも、「おかーさん、てつだってー」と
言うときは、
「もー、今日は特別だよ、甘えっちゃん?」
と言って、手伝うし、
自分で着替える時は、ほっときます。

*****

小学1年生の長男の宿題も、
寝る前の好きな時間にやらせます。
「ちゃんと、ねるまでに、できるから」って言ってて、
本当に、ちゃんとやりますね。
あんまりうるさく言わなくても。

朝、だらだらしてるときは、
「お母さんは待っても、時間は待ってくれない、
 は・や・く!今、7時20分!」
とか言うと、「やばい」って、ダッシュで準備します。

ひらがな、カタカナも、足し算も、引き算も
掛け算も、割り算も、いつの間にか
出来るようになってました。

本人が、問題出してって時や、
何か聞いてきた時は付き合いますが、
教え込んだ覚えはありません。

プラモの組み立ても、得意です。
自然科学にも、詳しい。

好き放題に、やらせてるわけでもないです。
そりゃまずいでしょ、と私が思うことは
ちゃんと注意してます。

でも、だらしない、とか、お行儀悪いって
しつける言葉は好きじゃないので、
「お母さんは、そうするのは、『格好悪い』と思う」
「お母さんは、好きじゃないよ」
と伝えます。

腹が立ったら、私は怒ってるよ、と伝えます。

本人が、それでも、そうすると決めたことは
勝手にすればいいと、思います。

*****

たぶんね、子供の自主性の芽をつみとるのって
簡単なんです。

こういう風に行動して、
こうすることが幸せで、
こういう人になりなさい、って
決めつけて、
そうなるように、常に声をかけてやればいい。
おしりをひっぱたいてやればいい。

道をそれたら、私の言うことを聞きなさい、
それで間違いはないからって
言ってあげるといい。

人に決めてもらうことが、当たり前なんだって
思わせてやればいい。

親の思い通りになる子が、一丁上がり?
一生、あなたの言うことを聞いて
近くにいてくれる子供に、なってくれるかも。

親の時代と、子供の生きる時代の
価値観や常識は、大きく変わっていきます。

自我の強い子なら、反発もするでしょう。
でもね、やっぱり、親の希望を押しのけるのって
すっごくエネルギーがいるんです。

*****

私は、押しつけるのも、押しつけられるのも
大嫌いです。

私だって、間違えることはあるって
子供たちに、常に思っていてほしい。

時代が変わっても、場所が変わっても
自分で考えて、判断する力さえあれば、
どうやっても生きていける気がする。

人に尽くすのも、尽くされるのも、イヤ。

今は一緒に暮らす親子ではあるけれど、
そのうち離れ離れになって、
どう?元気でやってるの?
たまーには、顔見られると嬉しいって
感じの関係になりたい。

健康な人間だってのに、
ずーっと、依存されたり、依存したり、
いくつになっても、ママー、どうしたらいいの?って
近くにいられたら、たまったもんじゃないわ。

*****

まあ、そんなかんじで。
意図的に教育熱心ではない母なんですが。

結果が出るのは、20年後くらいなんで
そのとき、やっぱ私、間違ってたわ~とか
考え直しちゃうかもしれませんが笑。

知らないよー。こんな私を
母に選んで生まれてきたのは
あなたたちなんだもの。

もし、外れ親を引いちゃったとしたら
クジをを引いたあなたの責任。
自分で育ちなおしてください。

とか、日々、思ってるわけですよ。

これもある種、私の意思の押しつけかもしれません。

どんなもんなんでしょうねぇ?

♪ こちらもどうぞ ♪

冷凍庫に手をはさむ 今日も暑いくらいですね。 きょうはブドウあいすのひー♪ って、ゴキゲンに、冷蔵庫の一番下の 冷凍庫の引き出しを開けた、年中次男。 Dole のフルーツアイスを箱から取り、 引き出しを閉めるも、 箱がひっかかり、半...
母の日に何もない 母の日は、母の日であって、 妻の日ではない。 と、夫に何年か前に言われました。 たしかに、そうですね。 私も、夫のオカンには、なりたくない。 で、子供たちですが、 保育園や、小学校では、家庭ごとの事情を考慮し...
無償の愛・寛大な心 昨夜、4歳次男に、引いたドアを軽く ぶつけてしまいました。 次男は、扉の向こうにいた、6歳長男のせいと 思ったらしく、 「あにくんっ!」と怒りました。 私が、 「ごめんごめん、兄じゃないよ。  ドアを引っ張ったお...
2段ベッド導入 小一と、年中の男児がいる我が家。 4畳半の寝室を子供部屋にすることにしました。 イオンモデルの学習机2台を入れ、 さらに、2段ベッドを入れることにしました。 2段ベッドは、組み立てや移動のことを考えて 木製で...
子供っぽさから脱出したい小学一年生... 昨日は、長男の入学式でした。 入学通知書が、いくら探しても 見つからないという かなーり保護者失格な事態を引きおこしてしまった かこですが、 まあ、すんでしまったことは、仕方がないですね。 先生にマークされないよ...

♪ Pick up items ♪ スポンサードリンク
持ち手付き財布 IH ご飯土鍋 フィルムミラー 北欧紅茶
すこやかふりかけ エーラベルカレー 焼肉のたれ 鴻巣ラーメン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です