ちびこといっしょ

二歳差・保育園卒・小学生のちび兄弟。育児と仕事と日常の話。ゴマアレルギーも。

子供の空想

今、小学一年生のちび兄。

保育園年中の時に、とても仲良しの友達がいました。
作り話がとても上手なカイくん(仮名)。

「ほいくえんのおにわにある、おおきなきには、
 おもちゃがとりほうだいの、くうかんにつながるあながあって、
 うまくやると、おもちゃのせかいにいけるらしい」

って、カイくんが教えてくれた、
と年中のちび兄は、真面目な顔をして、小声で教えてくれました。

ちび兄と他数名は、連日、その木に何度も向かって
空間の向こうに通り抜けるべく、チャレンジを続けました。

「きょうは、スピードがたりなかったかもしれない」

「こんどは、かくどをかえて、やってみる」

連日の真剣な挑戦もむなしく、とうとう、ちび兄は
向こうの世界に行くことができませんでした。

「カイくんや、ほかのおともだちは、むこうにいけて
 おもちゃをもらったっていうのに
 どうして、ぼくだけいけないんだろう」

本気で悔し涙を流すのです。毎日毎日。

とうとう私は、
「カイくんは、だったらいいな、って話をしてるんじゃない?」
って、言ってしまいました。

しかし、

「ちがう、ほんとなんだよ、だって、
 カイくんがホントだっていってたもん!」

と、ゆずらないのです。

(カイくんが言ってたから本当って笑)

この話は、結局、エスカレートし、いざこざになり、
担任の先生の介入によって、作り話だった、
ということをカイくんが認めることになったのですが

「どうしてカイくんはウソついたんだろう?」

と、ちび兄は何度もつぶやいていました。

カイくんや、他の友達は、ホラ話と分かって楽しんでいたんだろうか?
ちび兄が、本気で信じこんでいることに、どう思っていたんだろうか?

今でも分からない話です。

*****

こんなこともありました。

手紙の交換が流行っていた時期です。

ポケモンのバトリオをカイくんにあげたいというので、
大好きなお友達に一個プレゼントをあげるくらいなら
いいでしょう、と許可したら、
次の日も、その次の日も、もっとあげたい、というのです。

「これはあげたくないけど、あげなきゃいけないんだ」

真剣な泣きそうな顔をしているので、私が止めると、
今度はこっそり保育園のカバンに隠して、持っていこうとするのです。

これは怪しい、と聞き出すと、

「だって、バトリオあげたら、まほうのこなをくれるっていったもん。
 でも、まえにバトリオあげたのに、ぜんぜんくれないんだ」

「魔法の粉、本当はないんじゃないの?」

「ホントに、あるんだよ、
 だって、カイくんがホントだっていってたもん!」

あくまでも、母より、信用の厚いカイくん笑。

そのころにはカイくんのお母さんとも仲良くなっていたので
どうしたもんだかねー、って話をして、
結局、あげたポケモンのバトリオは返してもらうことになりました。

でも、魔法の粉はあると、ちび兄は最後まで信じていて、
バトリオと交換にくれなかった、という事実に
深く傷ついていたようなのです。

カイくんは、持っていない仮面ライダーオーズの
オーメダルや玩具を全部持っているって言って、
ちび兄をよくうらやましがらせたりもしていたっけなぁ。

*****

ちび兄は、空想の作り話を語ることが、全くない幼児でした。

ぬいぐるみなどで、ごっこ遊びをすることはあったし、
想像の敵と戦って遊ぶことはあったし、
寝る前の創作物語は、毎晩お話として楽しんでいました。

でも、友人がホラ話をしているかもしれない、
ということは、全く考えつかない子供でした。

作り話だと分かったら、
「どうしておともだちはウソをついたんだろう?」
と、悩みました。

そのたびに、
「嘘じゃなくて、だったらいいな、のお話だったんじゃない?」
って、私は言ってましたけど。

今は、どうなんでしょうね?
お友達の空想話、笑って楽しめるようになったのかな?

*****

年中のちび弟は、今朝もカービィ他、家のぬいぐるみを
保育園のかばんに詰め(たつもりになって)て、
登園しました。

ぬいぐるみ達は、かばんに隠れたり、
園庭で遊んだりしているそうです。

でも、ちび弟は、それは空想だと自分で分かっていて
私以外の人には、ナイショにしているようです。

*****

空想を一人だけで楽しむ子供もいれば、
みんなにホラを語り楽しませる子供もいて、
一緒に空想で遊べる子供もいて、
作り話であることに気づかずに信じ込む子供もいる。

ちびっこって、いろいろだなぁって、今更ながら思うのです。

♪ こちらもどうぞ ♪

七夕のお願い 保育園にお迎えに行ったら、笹の葉に たくさんの短冊が飾ってありました。 年長ちび弟の短冊を探したら、色とりどりの文字で 「いつもたのしく くらせます ように」 って書いてあったんです。 それを見て、ああ、すごいな...
突き指 先日、7歳ちび兄が、学校でタイヤ跳びをしていて、 左手の中指を突き指して帰ってきました。 学校で、湿布をしていただきました。 見ると、指の付け根が青黒くて、すごいことになってました。 買ってきた指用の湿布薬は、くさく...
一番大きい上の子と一番小さい下の子... 4月。ちび兄は小学二年生、ちび弟は保育園年長になりました。 ちび兄が年長さんになったときは、とても大きく見えて なんでもできるようになったように感じたものですが、 ちび弟を見ると、年長さんってこんなに幼いものだったかな...
休み明け登園の荷物 月・火曜と、保育園を夏休みした、ちび弟の 今日の荷物は、たっくさん。 とりあえず、電動自転車の後ろに荷物を積んで登園。 いつものかばん、水筒、プールバッグに加え、 上履き袋と絵本袋が入ったお布団袋、麦わら帽子。 そし...
おもしろいよ おもしろいね 保育園のおたよりに書いてあったお話。 とても素敵な言葉でした。 子供同士が共感し、一緒に遊べるという関係は 「わたしがありのままのわたしでいられる」 ということが土台になっていると。 他者と関係を作る土台は、自己肯定...

♪ Pick up items ♪ スポンサードリンク
持ち手付き財布 IH ご飯土鍋 フィルムミラー 北欧紅茶
すこやかふりかけ エーラベルカレー 焼肉のたれ 鴻巣ラーメン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です