ちびこといっしょ

二歳差・保育園卒・小学生のちび兄弟。育児と仕事と日常の話。ゴマアレルギーも。

赤ちゃんのママにひとり時間を

私が赤ちゃんを育てていたとき、
何が一番つらかったかっていうと、
一人になれる時間がなかった、ってことだと思います。

この「一人になれる」っていうのは
自分以外の人のことを何も考えなくていい、
気にしなくていい時間ってことです。

たとえ、人に預けて一人でいる時間をとっても
赤ちゃんがお昼寝していても、
いつも赤ちゃんのことを気にかけている状態では
心から、一人になっている、とは言えないのだと思います。

赤ちゃん育児をしているときは
お風呂にも一人で入れず、トイレに入っているときも泣かれ、
寝ているときでさえ、常に夜泣きする赤ちゃんに対応できるように
神経がいつも赤ちゃんの方を向いていたと思います。

一瞬たりとも、自分の子供のことを
忘れている時間は、無かったと思います。

それは、母親として、当然の責任だったんでしょうか?

*****

私は、赤ちゃんを育てているとき
今、思い返してみても、ものすごく行き詰っていて
自分の感情を忘れてしまっているような状態でした。

今、思えば、もっと積極的に、
自分の子供のことを忘れ、自分のことだけを考える時間を
作った方がよかったんじゃないかなぁ、と思います。

その頃、子供と一緒にいない時間を持つことに
とても罪悪感を感じていたんです。

それが、自分を追い込んで、育児を辛いものにしていた。
子供が7歳と4歳になった、今になって、そう思います。

*****

一人になる時間。
自分のやりたいことに、没頭する時間。

人間にとって、小さな子供にとってさえ必要な時間だと思います。

育児中の母親にとってでさえも。

あなたが、今、ひとりの時間がほしいと感じているならば
どうか、後ろめたさなど感じずに、周りを頼って下さい。

自分の時間を作って下さい。

それは、あなたの我がままではなくて
あなたと、あなたの子供を守るために必要で
とても大切な時間なんですから。

♪ こちらもどうぞ ♪

溶けていく怒り 今、長男は6歳、次男は4歳。 私は、今でも、長男の授乳期、専業主婦だった頃の ことを考えると、胸がぎゅうっと苦しくなって 涙が流れたり、怒りに包まれたりします。 当時は、ただ、無感情になってしまったような 自分をおか...
乳幼児育児がつらいのは自分のしたいことが常に中断されるから... 読みました。 「子育てを大変だと感じる本当の理由」 ”自分のしたいことを 自分の意思に反して途中で他者によって遮られること そして自分がやりたいことをしている途中で 予定外に別のやらなければならないことが次々に舞い...
『赤ちゃんのママへ伝えたい10コのコト。』を作りました... このブログには、毎日のように「子育て 向いていない」って 言葉で検索してきてくれる方がいらっしゃいます。 それを見ると、以前、寝不足でぼろぼろで、子育てに向いていないと 悩んでいた私は、胸がきゅうっと痛むんです。 今...
ベビーカーを畳まなくても罪悪感を持たなくていい世の中であってほしい... 私が赤ちゃんを育てて、はじめて気がついたこと。 子供はとても「重い」そして「暑い」。 それまで道行くお母さんたちは、小さな赤ちゃんを 軽々とおんぶしたり、片手で抱っこしたりしているように見えていました。 母親って強...
踏切で電車を眺める 仕事に行く途中で、電車に向かって手を振る お母さんと小さな男の子を見ました。 それは、一見、とても幸せに見える光景で。 でも、私の胸は、ぎゅうっと苦しくなってしまったのです。 ***** ずっと昔のことは忘れてし...

♪ Pick up items ♪ スポンサードリンク
持ち手付き財布 IH ご飯土鍋 フィルムミラー 北欧紅茶
すこやかふりかけ エーラベルカレー 焼肉のたれ 鴻巣ラーメン

コメント

  • 私はまぁ、あんまり気にならないほうだったんで、
    用事がないかぎり、預けたりとかなかったけど、
    自分の時間をつくる、ってのはいいと思いますね~。
    赤ちゃんと密着して過ごしてイライラするより、
    少しの間でも誰かに預けて、1人の時間を過ごしたら、
    より子供とちゃんと向き合えると思います。

  • ほんと、幼稚園とかに行くと余裕が出るんだけど。
    行き詰ってるんなら、二歳児入園とかも
    近くにあれば、活用したらいいと思う。

    母子二人きりの状態が負担になってるなら
    自分を追い詰めずに、楽にする方法をとった方が
    いいと思うなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です