ちびこといっしょ

二歳差・保育園卒・小学生のちび兄弟。育児と仕事と日常の話。ゴマアレルギーも。

ベビーカーを畳まなくても罪悪感を持たなくていい世の中であってほしい

私が赤ちゃんを育てて、はじめて気がついたこと。

子供はとても「重い」そして「暑い」。

それまで道行くお母さんたちは、小さな赤ちゃんを
軽々とおんぶしたり、片手で抱っこしたりしているように見えていました。

母親って強いんだなぁ、強くなるんだなぁ、って
私は大きな勘違いをしていたんですよ。

いざ、自分が子供を産んでみたら、日々寝不足だし、肩や腰は痛いし、
骨盤は歪んでるし、ほんとにしんどい。泣けないほどしんどい。

なるべくなら産後は重いもの(=赤ちゃん)を抱えて歩く時間は、
短時間にしたほうがいい、と、後になってしみじみ思いました。

*****

電車やバスに乗るときは、ベビーカーを持たずに、
スリングや抱っこひもで連れて行き、
大型スーパーでカートに載せ替える、のがコンパクトで
身動きが取りやすかったりするんですが、
逆に店内のカートで寝ちゃうと、
そこから身動きが取れなくなってしまうんですよね。帰れない。

しかも、寝た子は重い。起きてる子の二倍は重く感じます。

そして暑い。母も子も抱っこであせもができてかゆい。

ベビーカーでよく眠る赤ちゃんは、そのままベビーカーで
寝かせたまま運ぶのが一番、苦しくない。

しかも、子供連れの時の荷物って、とっても多い。

着替え一式、おむつ、飲み物、おやつ、ゴキゲンを保つためのおもちゃなど。

それを全部持って、ベビーを抱っこして歩くより、
ベビーカーに子供を載せて、荷物も下げて動く方が数段楽。

*****

ベビーカーで子供が寝たときは、心からほっとする至福の時間。

そして、眠った赤ちゃんをベビーカーに乗せたまま、
ぐずる心配をしなくていいと、ほっとしつつ、
このまま起きないで欲しいと祈るような気持ちで
電車に乗りこもうとして、ふと思うんです。

このベビーカーですやすや眠る我が子を
わざわざ起きるかもしれない危険を冒して抱っこひもに移し替え、
ベビーカーを畳んで、片手で支え、片手で吊革につかまって
かさばる荷物も持って、転びそうになりながら、
ふらふら立ってなきゃいけないのかなぁ?

このやっと身体も心も、ちょっと一休みできる時間を
わざわざしんどい時間に変えなきゃいけないのかなぁ?

って。

そのままベビーカーを畳まずにいても、
非常識なことをしているのかな、私?ってずっと緊張してドギマギしていたし、
畳んで抱えても、重くて辛くてふらふらぜーぜー苦しくなって、
哀しくなっていました。

*****

下の子供が出来てからは、上の子をベビーカー、
下の子を抱っこまたはおんぶ。二人分の荷物。

こうなったら、もう、ベビーカーを畳むのなんて、到底無理。
上の二歳の子供が起きていたら起きていたで、畳む間に
ホームをうろちょろして、危なくてたまりません。

なるべくなら電車に乗らずに済ませたいところですが、
肌荒れのひどい下の子を評判のよい皮膚科に連れて行ったり
していたんですよ。

外出先で、二人の子供たちがゴキゲンでいるように、
時間や持ち物を工夫し、努力しつつ、ただただ願う日々。

移動時間、待ち時間含めて、大変だったなぁ・・・。遠い目。

*****

そんな日々が過ぎ去って、赤ちゃんを抱えるママは、
なるべく無理をしないで、ベビーカーを活用して、
休めるときには身体を休めた方がいい、って思うんですよね。

ベニーカーに乗せていても、だっこーって要求されて
荷物だけ載せてるときも、よくありましたけど。

体力のない軟弱な母には、子育てする資格はないですか?
どこにも行かず家にずっと閉じこもっていればいいですか?

私は、そうは思いません。

赤ちゃん連れはどんな場所でも優先しろ!なんて
ふんぞり返っているわけじゃありません。

小さな子供にふさわしくない場所には、行かないようにしていました。
電車も込む時間は避けていました。

赤ちゃんを連れたママは、たぶん、世間さまにご迷惑をかけないように
小さく小さくなって暮らしているんです。
少なくとも、私はそうでした。

電車でぐずったら途中下車したり、たまには外食したいと思って入った
ファミリーレストランで、食べてる途中で諦めて帰ったりしてました。

*****

一昔前までは、電車ではベビーカーは畳むのは常識、と言われていました。
状況によっては、かえって危なかったりしますよね。

最近は、電車やバスでベビーカーを畳む必要はない、
というのが主流になってきたようです。

大型ファミリースーパーのエレベーターなどでも、
畳まなくても大丈夫、っていう空気ができたらいいなぁ、って思います。

赤ちゃんを連れて歩いていたとき、私は、たくさんの
優しい方々に何度も助けていただきました。

今になって、あの頃の私に、赤ちゃんの小さな反応に、
そんなにいつも気を張っていなくていいんだよ、って
言ってあげたいなぁ、って思うんです。

言ってくれる人がいても、そうはできなかったかもしれないけど。

子育てしているママは、我慢強くて当然、
人に迷惑かけないようにすべき、丈夫で体力があって当たり前、
なんて、周りの人は思わないでいて欲しいなぁ、
頑張っている母親たちを追い詰めないであげて欲しいな、って
少し前に、ふらふらの赤ちゃんのママだった私は思うんです。

♪ こちらもどうぞ ♪

赤ちゃんのママにひとり時間を 私が赤ちゃんを育てていたとき、 何が一番つらかったかっていうと、 一人になれる時間がなかった、ってことだと思います。 この「一人になれる」っていうのは 自分以外の人のことを何も考えなくていい、 気にしなくていい時間って...
マタニティママにキレイジーンズ... マタニティ期に私が愛用していたSHOP、エンジェリーベ。 知名度の高いお店なので、ご存じの方も多いかも。 ここのデニムは、すごく着心地がよくて、しかも かなりスタイルがよく見えます。 ほんっとにすっきりしてみえます。...
誕生日 あなたが私の元に生まれてきてくれた奇跡を 私はとても嬉しく思う 私はあなたに愛をちゃんと伝えられているかしら あなたが愛されている存在だと伝えられているかしらと ときどき不安になるけれど あなたの笑顔を見ていると 愛...
乳幼児育児がつらいのは自分のしたいことが常に中断されるから... 読みました。 「子育てを大変だと感じる本当の理由」 ”自分のしたいことを 自分の意思に反して途中で他者によって遮られること そして自分がやりたいことをしている途中で 予定外に別のやらなければならないことが次々に舞い...
「今が一番いい時期」は自分で決めていい... 先日、保育園でおゆうぎ会がありました。 小さいさんたちの発表を見ながら、しみじみと、ああ、もうすぐ 「幼児の母」である自分は終わるのだなぁ、って感じました。 一生懸命に歌って踊る子もかわいいし、たどたどしく動く子も ...

♪ Pick up items ♪ スポンサードリンク
持ち手付き財布 IH ご飯土鍋 フィルムミラー 北欧紅茶
すこやかふりかけ エーラベルカレー 焼肉のたれ 鴻巣ラーメン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です