ちびこといっしょ

二歳差・保育園卒・小学生のちび兄弟。育児と仕事と日常の話。ゴマアレルギーも。

一つ一つ、気持ちに小さくカタをつけながら生きて行く

2014年も、もう最終日ですね。
穏やかで、だらだらとした年末を送っています。
これも、そこそこ、いろんなことに小さく決着をつけられたことによる気持ちの穏やかさなのかなぁ、って思ったりしています。

今年は、ちび弟が小学生になり、保育園の送り迎えがなくなりました。
もう、私は乳幼児の母ではないのだな、としみじみ実感しています。

ふと家の中を見回すと、散らかしっぱなしの我が家。
一時期、片付けることを諦めたんです。賽の河原で石を積んでいるように思える毎日がいやで。家が片付いていなくても生きていけるし。

家が片付いていないで困るのは、人を呼べないことくらい。でも、特に呼びたい人もいない。毎日毎日、散らかしっぱなしの家族を非協力的だと恨んでカリカリしたり、無意味感に捕われて消耗するよりは、ほったらかしで、のんびり過ごす方がいいかな、って。家では、家族が気を張ってピカピカの場所できちんと過ごすことより、ほっと油断できる空間である方が大切かな、と。

11月に今の仕事が決まり、安定して働けるようになって、時間にも気持ちにも余裕がでてきました。年末、長期休暇に入って、ちょっと家を片付けてみようかな、って思いました。整理収納の基本は、物に導線のよい居場所を決めて、そこにいつも戻すこと。でも、居場所が決まっていない物が多すぎて、どこから手を付けていいか分からない。

久しぶりに、片づけ本を買ってみました。書店でいくつかぱらぱら読んで、一番心に響いた本。すごい片づけ [ はづき虹映 ]

この本には、こんなことが書いてありました。

  片づけられない理由は、片づけたくないから。
  片づけとは、自分の思いに決着をつけること。
  片づかないのは、片づくと困る何かがあるから。
  出来事が実際に起きた時点で、カタはついている。
  生きている限り、完全にカタがつくことは無い。

部屋を見渡すと、使い切ってあげられなかった物達への後悔が、ふわふわ重く浮いているみたいです。

ああ、そっか。
自分の気持ちの上で、やりきっていないという思いがあっても、もう自分がすんだと思えば、一旦、終わったことにしていいんだな、って思いました。私は、心に決着をつけたくなかったんだな、って思いました。

部屋も、完全に完璧に整理整頓しよう、一度に全部片づけようって思わなくていいんだ。一つ一つ、これはすんだから捨てよう、しまおう、これはまだ気持ちに区切りがつかないから残しておこう、でも今日の出番は終わったから、今日の分にはカタをつけよう。そういう風にしていこうと思えました。

無理に自分の気持ちに決着をつけるのではなくて、すんだことだと思えたら、捨てればいいし、まだ決められないって思ったら、残しておいていいんだな、って。

完璧を目指さなくていいから、カタをつけられることから片づけていこう、そう思えました。今は決めたくない、って思ったら、決めなくていいんだ。そのまま、あやふやなまま、置いておくものがあっていい。

私にとって、赤ちゃん育児や家事がつらかったのは、毎日同じような繰り返しで、やってもやっても終わりが来ない、区切りがない、先が見えない果てしない途方に暮れたような気持ちがいやだったからなんだなぁ、って。

でも、何月何日の今日は、このことに決着をつけた。朝ご飯、昼ご飯、晩ご飯、一つ一つを終わらせて、このゴミを捨てられた、そんな風に、一つ一つ気持ちに決着をつけていけばいいんだな、って思ったんです。

人に見せるためでなく、自分のために。

私がブログを書く理由は、自分の一つ一つの気持ちを書き出し、整理して、カタをつけたい、ということが一番にあります。自分が悩んだことにどうカタをつけたか、っていうことが、他の悩んでいる人の役に立てれば嬉しいな、っていうこともあります。

来年は引き続き、いろんなことに少しずつカタをつけて、自分にたくさんの隙間を空けて、人の気持ちや新しいことをゆるやかに受け入れられる自分になっていきたいな、って思います。精一杯気持ちを張りつめてしまわずに、落ち着いた気持ちで。

今年も一年、とてもお世話になりました。あなたにも、よい年が訪れますように。
もしよろしければ、来年も、どうぞお付き合いくださいませ。

小さな達成感を一つ一つ、確認しながら、新しい年を進んで行こう、そう思っています。

♪ こちらもどうぞ ♪

口唇ヘルペス再発~バルトレックス投薬中... 今年の冬も、やってきてしまいました。 唇の端っこの内側から、むずむず、チクチク。 嫌な感じ。これは、口唇ヘルペスだなー。 ***** 私が初めて口唇ヘルペスになったのは、三年前の冬。 ぴりぴりとした痛痒い感じがして...
オレタチの公園という場所でのアウェイ感... 小学二年生のちび兄は、私が週4日ほど働いているため、 近所の公園に行くのは、週に一回あるかないか。 時々、クラスの仲の良いお友達に誘われて、 公園に行くものの、楽しく遊べる時もあれば、 途中で仲間外れにされたり、ちょっ...
昇降口 ちび兄が小学一年生になった時、お便りプリントに書いてある「昇降口」が分からなくて、何?と聞いたら「くつをはきかえるところ」と教えてくれました。あー、下駄箱があるところね、と返したのだけれど、自分が北海道にいた小・中・高校...
子供が自分の目の前で死んでしまうのではないかという恐怖... 一昨日の夕方から、年長のちび弟が「あたまいたい」と 頭痛を訴えていて「お薬飲む?」と聞いたら、苦い薬を がんばって飲むほどで、心配してしまいました。 夜中、ちび弟の身体が、すごく熱いような、そうでもないような 気がして...
花のミックス種 久しぶりに真面目にお庭の手入れをしています。虫と雑草の少ない今がチャンス。 ちびこ達が生まれる前、家を建てたころは楽しくて、いろいろ植えてみたりしたけれど、いつの間にか雑草の勢いに負け、だんだん庭に出なくなり、荒れ...

♪ Pick up items ♪ スポンサードリンク
持ち手付き財布 IH ご飯土鍋 フィルムミラー 北欧紅茶
すこやかふりかけ エーラベルカレー 焼肉のたれ 鴻巣ラーメン

コメント

  • あけましておめでとうございます。

    私も片付け本を何冊も買って読みましたよ。
    「捨てる」が基本のようですが
    完璧を目指さなくていいというかこさんの言葉にホッとしました。
    まだ決められなかったら、残しておいていいんですよね。

    私は去年に引き続き、ぐちゃぐちゃの部屋のままで
    新年を迎えました(汗

    今年もよろしくお願いします^^

  • 今年もどうぞよろしくお願いします♪

    迷ったら捨てる、ってよく書いてありますよね。
    その決断がしんどくなっちゃうので、すぐ決められるところから
    決着をつけていけばいいんじゃないでしょうか、ね?

    何でも捨てる、じゃなくて、以前使っていたけれど、
    もう、今の私には必要ないんだなぁっていうものは
    使い切れていなくても、ごめんねって処分して、
    今の自分にふさわしいものに、囲まれて暮らせたら
    居心地よく過ごせるのかもしれませんよね。

    広くてなーんにも無い家も、落ち着かないものです。寒いし笑。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です