ちびこといっしょ

二歳差・保育園卒・小学生のちび兄弟。育児と仕事と日常の話。ゴマアレルギーも。

「今が一番いい時期」は自分で決めていい

先日、保育園でおゆうぎ会がありました。

小さいさんたちの発表を見ながら、しみじみと、ああ、もうすぐ
「幼児の母」である自分は終わるのだなぁ、って感じました。

一生懸命に歌って踊る子もかわいいし、たどたどしく動く子も
かわいいし、舞台の上で固まって動けない赤ちゃんもかわいかった。

責任がないから、ただただかわいいと楽しめました。
もう、勝手にダダ泣きしてました。

きっと自分の子供がステージ上でぴくりとも動かなかったら、
居てもたってもいられない気持ちになったでしょう。

でもかわいい。人の子は、何もできなくてもかわいい。

それを証拠に、我が子である年長ちび弟の発表の時は、本人の緊張が
伝わってきて、楽しむというより、がんばれがんばれと真剣に
念を送り応援。涙を流すどころではありませんでした。

*****

このところ、ちび弟は毎日のように、ほいくえんいきたくない、とか
おゆうぎかいがヤダ、とかぶつぶつ言っていて、おゆうぎ会の
当日朝も、着替えながらぶつぶつごろごろしていました。

ほぼ同時期に、小二のちび兄も6年生を送る会での発表があり、
なんだか行きたくない、とか言って登校をしぶったりしていました。

そうかー、いやだよねー、わかるわかると言いながら、そのまま
送り出してしまいましたけど。

プレッシャーを感じ、緊張しながらでもがんばる力。
そういう力って、練習で積み重ねていかないと身に着かないんですよね。

*****

保育園のちびっこ達を見ていて思ったのは、はたから見ていて、
私にとって一番かわいく思えるのは、自分で動けて、なんとなく
おしゃべりできて、しかも歩く姿がぽてぽてとたどたどしい
二・三歳児くらいなのかもなぁ、ってことです。

自分で毎日相手してると、すんごくしんどい時期なんですけどね。
ギャーギャー泣いて暴れて手に負えないちびっこギャング!

赤ちゃんは、二人の子供を産んだ今でも、やっぱりちょっと怖い。

純粋に、ふにゃふにゃほわほわした新生児の愛らしさが好きな人も
多いとは思うんですが、あの、自分で動けず、しかも意志の強い
まっすぐな目を見ていると、やはりエイリアンっぽいと思ってしまうのです。
しかも、強そうなのに放っておくと簡単に死んじゃう弱さも怖い。

自分で何か食べられるくらいに大きくなると、平気なんだけどな。

ちび兄をベビーカーで連れて歩いていたころ、通りすがりの
見知らぬおばあちゃんに「今が一番いい時期よね~」と
話しかけられることがちょくちょくあって、こんなに育児しんどくて、
自分の子供が可愛いと思えないのに、これが一番いい時期なの?!
と、絶望したりしていたものなのですけどね。

でも、責任なく横で見ていて一番かわいいのは、母親にとって
一番世話に手がかかり、べったりで大変な時期なのかもしれないなぁ、
って改めて思ったりしたのでした。

*****

私自身は、子供たちが自分の意志で動けて、言葉で自分の気持ちを
伝えられるようになって、一人で少しお留守番もできるようになって、
自分の気持ちに余裕ができたころ、ようやく、子供がいるのも
嬉しいものだな、って思えるようになりました。

ほどほどに子供たちと距離が取れるようになった今が、私にとって
一番いい時期なのかもしれないな、って、思っていたりするんです。
そしてこれからも、いい時期は続いていくのです。きっとね。

踏切で電車を眺める
「母性」―― それは、子を育てながら育むもの~MAMApicks

♪ こちらもどうぞ ♪

出産祝いにタマゴ型デジタルフォトフレーム... 友人から、男児の出産祝いに何がいい?と質問を受けました。 二人の男児持ちの私ですが、うーん、超難問です。 ☆スリング、だっこひも、おんぶひも 生活スタイルによって、どれがその人に便利か分らない。 毎日使うものだから、マ...
大切な人を助けるということ 先日、道端で、友人にばったりと会いました。 この友人、けっこう気は合うのですが、 生活範囲と、子供の年齢が微妙に違うので、 なんだかんだで顔を合わせるのは、半年ぶりくらいです。 いっぱい話したいことが溜まってるの、 ...
離乳食バトル 日々の生活のnoriさまが、 息子さんの食べ散らかしとバトル中、っていう記事を 読みまして、そういえばそんな長い時期もあったなぁ、 と、遠い目で思い出してしまいました。 私はもともと、毎食の調理はしたくない派なのですが...
赤ちゃんのママにひとり時間を 私が赤ちゃんを育てていたとき、 何が一番つらかったかっていうと、 一人になれる時間がなかった、ってことだと思います。 この「一人になれる」っていうのは 自分以外の人のことを何も考えなくていい、 気にしなくていい時間って...
「赤ちゃん」浜文子 私が、赤ちゃんだった長男を抱えて 孤独で、淋しくて、辛かった時 ネットで見つけて、何度も読んで泣いた 浜文子さんの詩です。 「育児 孤独」 「子育て 辛い」 「赤ちゃん 二人ぼっち」 そんな言葉で検索して、 この...

♪ Pick up items ♪ スポンサードリンク
持ち手付き財布 IH ご飯土鍋 フィルムミラー 北欧紅茶
すこやかふりかけ エーラベルカレー 焼肉のたれ 鴻巣ラーメン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です