ちびこといっしょ

二歳差・保育園卒・小学生のちび兄弟。育児と仕事と日常の話。ゴマアレルギーも。

オレタチの公園という場所でのアウェイ感

小学二年生のちび兄は、私が週4日ほど働いているため、
近所の公園に行くのは、週に一回あるかないか。

時々、クラスの仲の良いお友達に誘われて、
公園に行くものの、楽しく遊べる時もあれば、
途中で仲間外れにされたり、ちょっとした嫌がらせを受けて、
しょんぼりしたり、泣きながら帰ってくることも多い。

クラスでは、自分と一番仲良し、と思っている友人であっても、
その公園には、毎日のように遊んでいる、別の友達がいるんだ。

ふだんは仲良しの子も、ちび兄がいじわるされているのを
かばったりすることはもちろんなくって、
調子に乗って、一緒になって、仲間外れにしちゃったりするんだな。
鬼ごっこでずっと鬼にされちゃったりさ。

こんなとき、いじわるするのはよくない、
みんなの公園なんだから、みんなで平等に仲良く遊ぶべきだ、
なんて大人の正論を言うのは簡単なんだけど、
それはあくまでも正論で、やっぱり毎日公園で一緒に遊んでいる子達と
同じように遊んだりなんてことは、なかなか難しいんだ。たぶん。

めったに公園に行かない子でも、すんなり遊びに入って、
いつもいる子と同じように楽しく遊べる、なんてのは、
理想であり、幻想。

大人だってそうなんだ。いつも顔を合わせている人達の集団の中に
ぽっと入っていったとき、表面上は仲良くできても、
心から打ち解けておしゃべりすることなんて、できないもの。
顔に笑いを貼り付けながら、疎外感を感じて疲れたりするんだもん。

そんなちび兄の立場を少し不憫に思ったりするのだけれど、
だからと言って、そのために私は仕事をやめたりする気はないのだ。

これから先、いろんな場所で、ここは自分のホームではないと思う、
居場所がなくて淋しかったり、悔しかったりする思いを味わう機会は
いくらだってあるんだろうから。

*****

昨日は、私とちび弟もお休みで家にいて、ちび兄は仲良しの友達に誘われて、
ときどき休憩でうちに帰ってきたりしながらも、
午後中ずーっと公園で遊んでいた。ずーっと楽しそうだった。

なのに、夕方、顔をくしゃくしゃにして、涙でびしゃびしゃに濡らして
帰ってきた。

ベッドに転がって、何か言おうとしていたけれど、
うまく言葉にできないみたいで、うにゃー、とか、うにゅー、とか
ぶつぶつ言っていた。

ああ、いつもみたいに、突然、いじわるで仲間外れされちゃったんだな、って
思ったけど、何かあったの?って聞いてはみたけど、
言葉にできないみたいで、しょうがないから、近くに座っているだけにした。

しばらく経っても、気持ちが整理できないみたいだったので、
口の中に飴玉を入れてやった。メロン味の大玉。

ごろごろ寝転がったままでアメちゃんをなめ終わったころ、
なんかげんきになった、って言って笑った。
でも、ちょっとまだ涙が出てた。

たぶん、問題を解決することが大事なんじゃなくて、
気持ちに寄り添うことが必要なんだろうな、って思ったから、
話したかったら話すだろう、って思ったから、黙って横にいるだけにした。

こんなことは、これから先もいくらだってあるんだろう。
公園にはもう遊びに行かないぞ、って思ったり、
友達に誘われて、やっぱり行きたいって思って、公園に行ったあげく、
また泣きながら帰ってきたりするんだろう。

そして、私も、そのたびに心が痛くなるんだろう。
こうやって、私までこっそり泣いちゃったりするんだろう。

でもきっと、大切なのは、私が今ちび兄に起こった悲しい問題を
いちいち解決してあげることではないのだと思うんだ。

がんばれ、ちびっこ。

♪ こちらもどうぞ ♪

水たまりの想い出 赤ちゃんと幼児を連れた雨の日の保育所登園はいつも大変だった。 あれは、二人が1歳と3歳の時だっけ?保育所の前に大きな大きな水たまりができていた。遊んだらすごく楽しそうな水たまり。 案の定、水たまりに捕まった。長靴でば...
キャラクターグッズ~育児の理想と現実のはざまで... 私自身は、子供のころキャラクターグッズというものに まったく興味がなく、大人になり、自分の子供が生まれても、 キャラクターの入った服や小物は持たせないつもりでいました。 シンプルでこざっぱりとしたデザインのものがいい。...
一つ一つ、気持ちに小さくカタをつけながら生きて行く... 2014年も、もう最終日ですね。 穏やかで、だらだらとした年末を送っています。 これも、そこそこ、いろんなことに小さく決着をつけられたことによる気持ちの穏やかさなのかなぁ、って思ったりしています。 今年は、ちび弟が小学...
花のミックス種 久しぶりに真面目にお庭の手入れをしています。虫と雑草の少ない今がチャンス。 ちびこ達が生まれる前、家を建てたころは楽しくて、いろいろ植えてみたりしたけれど、いつの間にか雑草の勢いに負け、だんだん庭に出なくなり、荒れ...
夕方の「七つの子」のメロディー~子供達を守るために【千葉県船橋市】... 2014年2月1日から、船橋市では夕方、防災無線で「七つの子」の メロディーが流れるようになりました。 ♪からす なぜなくの からすはやまに~♪というやつですね。 以前から、防災行政無線では、夏期は18時、冬期は17...

♪ Pick up items ♪ スポンサードリンク
持ち手付き財布 IH ご飯土鍋 フィルムミラー 北欧紅茶
すこやかふりかけ エーラベルカレー 焼肉のたれ 鴻巣ラーメン

コメント

  • 母にだって公園デビューとかあるんですもんね。
    今でもそういうのあるんかなぁ?
    もう友達関係のことは、親には把握できないし、
    聞いたら気になっちゃうから、本人が言わない限り、
    私のほうからは何も聞かないようにしよう、と。
    ちなみに娘は、相談は私にではなく、
    学校の違うお友達にしているようで、
    そのお友達のママから聞くことがあります~。

  • 一番に相談できる相手が自分じゃなくたっていいですよね。
    もう、公園についていく年齢でもないしねぇ・・・。

  • 打ち明けられる相手がいるってことに、
    とっても安心しています~。
    万が一、学校でいじめにあってしまっても、
    違う学校の友達がいて、
    世界はそこだけじゃない、ってことが、
    ちゃんとわかってくれてれば、って。

  • うん。どこかにでも自分の居場所があるっていうのは
    とっても心強いことなんだよね。

    一つのことにとらわれていると見えなくなってしまうけれど、
    もうだめだ、って思ってしまった時に、
    世界はそこだけじゃないんだよ、って
    視点を変えてみることができるように
    なれるといいよね。手助けできればいいよね、って思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です