ちびこといっしょ

二歳差・保育園卒・小学生のちび兄弟。育児と仕事と日常の話。ゴマアレルギーも。

オレタチの公園という場所でのアウェイ感

小学二年生のちび兄は、私が週4日ほど働いているため、
近所の公園に行くのは、週に一回あるかないか。

時々、クラスの仲の良いお友達に誘われて、
公園に行くものの、楽しく遊べる時もあれば、
途中で仲間外れにされたり、ちょっとした嫌がらせを受けて、
しょんぼりしたり、泣きながら帰ってくることも多い。

クラスでは、自分と一番仲良し、と思っている友人であっても、
その公園には、毎日のように遊んでいる、別の友達がいるんだ。

ふだんは仲良しの子も、ちび兄がいじわるされているのを
かばったりすることはもちろんなくって、
調子に乗って、一緒になって、仲間外れにしちゃったりするんだな。
鬼ごっこでずっと鬼にされちゃったりさ。

こんなとき、いじわるするのはよくない、
みんなの公園なんだから、みんなで平等に仲良く遊ぶべきだ、
なんて大人の正論を言うのは簡単なんだけど、
それはあくまでも正論で、やっぱり毎日公園で一緒に遊んでいる子達と
同じように遊んだりなんてことは、なかなか難しいんだ。たぶん。

めったに公園に行かない子でも、すんなり遊びに入って、
いつもいる子と同じように楽しく遊べる、なんてのは、
理想であり、幻想。

大人だってそうなんだ。いつも顔を合わせている人達の集団の中に
ぽっと入っていったとき、表面上は仲良くできても、
心から打ち解けておしゃべりすることなんて、できないもの。
顔に笑いを貼り付けながら、疎外感を感じて疲れたりするんだもん。

そんなちび兄の立場を少し不憫に思ったりするのだけれど、
だからと言って、そのために私は仕事をやめたりする気はないのだ。

これから先、いろんな場所で、ここは自分のホームではないと思う、
居場所がなくて淋しかったり、悔しかったりする思いを味わう機会は
いくらだってあるんだろうから。

*****

昨日は、私とちび弟もお休みで家にいて、ちび兄は仲良しの友達に誘われて、
ときどき休憩でうちに帰ってきたりしながらも、
午後中ずーっと公園で遊んでいた。ずーっと楽しそうだった。

なのに、夕方、顔をくしゃくしゃにして、涙でびしゃびしゃに濡らして
帰ってきた。

ベッドに転がって、何か言おうとしていたけれど、
うまく言葉にできないみたいで、うにゃー、とか、うにゅー、とか
ぶつぶつ言っていた。

ああ、いつもみたいに、突然、いじわるで仲間外れされちゃったんだな、って
思ったけど、何かあったの?って聞いてはみたけど、
言葉にできないみたいで、しょうがないから、近くに座っているだけにした。

しばらく経っても、気持ちが整理できないみたいだったので、
口の中に飴玉を入れてやった。メロン味の大玉。

ごろごろ寝転がったままでアメちゃんをなめ終わったころ、
なんかげんきになった、って言って笑った。
でも、ちょっとまだ涙が出てた。

たぶん、問題を解決することが大事なんじゃなくて、
気持ちに寄り添うことが必要なんだろうな、って思ったから、
話したかったら話すだろう、って思ったから、黙って横にいるだけにした。

こんなことは、これから先もいくらだってあるんだろう。
公園にはもう遊びに行かないぞ、って思ったり、
友達に誘われて、やっぱり行きたいって思って、公園に行ったあげく、
また泣きながら帰ってきたりするんだろう。

そして、私も、そのたびに心が痛くなるんだろう。
こうやって、私までこっそり泣いちゃったりするんだろう。

でもきっと、大切なのは、私が今ちび兄に起こった悲しい問題を
いちいち解決してあげることではないのだと思うんだ。

がんばれ、ちびっこ。

♪ こちらもどうぞ ♪

駅の駐輪場のオジサマたちという応援団... 朝、私は自転車で、最寄り駅の駐輪場の横を通過し、 10数分かかる保育園に、ちび弟を送っていき、その後、 駐輪場に戻り、新京成線の駅から電車に乗って通勤しています。 一時期、電車通勤のない仕事をしていた時期もありましたが...
お誕生日おめでとう(みんなのうた)~椎名恵... 1988年2月~3月にNHKみんなのうたで放送された 「お誕生日おめでとう」。 きれいな声の歌は北海道札幌市出身の椎名恵さん。 素敵なアニメーションは林静一さん。 作詞は林權三郎さん。作曲は大島ミチルさん。 大好きだ...
PTA役員という平日負担 昨年度、私は一年間、小学校でPTA役員(四役)をやりました。 我が子たちの通う小学校では、一児童に付き、最低一回は 役員を引き受けてください、ということになっています。 年度最初の学級懇談会で、立候補者を募って決めます...
ぼくらの夏休みは後二回? 長い夏休みが終わりました。ちび兄弟が揃って小学生になった昨年度、はじめて二人だけで飛行機に乗せて、北海道の実家に送り出しました。私と夫の実家、両方にお世話になって、昨年は一週間、今年は10日ほど。 ちび兄はもっと長...
子連れで居酒屋行きたい 子供産んだ後も、子連れで居酒屋なんてありえないよね、 とか思ってました、ゴメンナサイ。 ◆「子連れで居酒屋」6組に1組 団らん変化か~NHK NEWSWEB この記事を読む前に、TVニュースで、ちょうど見ていたんです...

♪ Pick up items ♪ スポンサードリンク
持ち手付き財布 IH ご飯土鍋 フィルムミラー 北欧紅茶
すこやかふりかけ エーラベルカレー 焼肉のたれ 鴻巣ラーメン

コメント

  • 母にだって公園デビューとかあるんですもんね。
    今でもそういうのあるんかなぁ?
    もう友達関係のことは、親には把握できないし、
    聞いたら気になっちゃうから、本人が言わない限り、
    私のほうからは何も聞かないようにしよう、と。
    ちなみに娘は、相談は私にではなく、
    学校の違うお友達にしているようで、
    そのお友達のママから聞くことがあります~。

  • 一番に相談できる相手が自分じゃなくたっていいですよね。
    もう、公園についていく年齢でもないしねぇ・・・。

  • 打ち明けられる相手がいるってことに、
    とっても安心しています~。
    万が一、学校でいじめにあってしまっても、
    違う学校の友達がいて、
    世界はそこだけじゃない、ってことが、
    ちゃんとわかってくれてれば、って。

  • うん。どこかにでも自分の居場所があるっていうのは
    とっても心強いことなんだよね。

    一つのことにとらわれていると見えなくなってしまうけれど、
    もうだめだ、って思ってしまった時に、
    世界はそこだけじゃないんだよ、って
    視点を変えてみることができるように
    なれるといいよね。手助けできればいいよね、って思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です