ちびこといっしょTOP母のつれづれ昇降口
2016年05月29日

昇降口

ちび兄が小学一年生になった時、お便りプリントに書いてある「昇降口」が分からなくて、何?と聞いたら「くつをはきかえるところ」と教えてくれました。あー、下駄箱があるところね、と返したのだけれど、自分が北海道にいた小・中・高校生のとき、自分があの場所を何と呼んでいたのか、さっぱり思い出せなかったのです。

それから4年以上経って、ふとまた思い出したのだけれど、やっぱりその場所をなんて言っていたのか分からないのです。

今までも多分、小説や歌詞の中で、「昇降口」という言葉を見たことはあった気がするのだけれど、実生活の中で単語と意味が結びつかなかったので、深く考えずに通り過ぎてきたのだと思います。

学校で友達と帰りに待ち合わせるとき・・・、靴箱のところで、って言っていた気がするなぁ。学校では職員玄関と対比する形で、生徒玄関と一応名前がついていたのかも?

今度、札幌の友達と会うときにでも、あれは何て名前なんだろうね、って話してみようかと思います。そのとき、思い出せたら。

posted by かこ at 14:08 | Comment(2) | 母のつれづれ
Ads by Google
この記事へのコメント
昇降口ってはじめて知りました。
今はそれで通っているんですかね?
「下駄箱」っていう呼び名が一番身近な感じがするのですが
実際誰も下駄をはいていないのに「下駄箱」もおかしいですよね。
突き詰めて考えるとどこかおかしいものって
意識していないだけで結構あるのかもしれませんね。
Posted by 小町 at 2016年05月29日 21:53
小町さんも昇降口とは呼んでいなかったんですね。
時代的なものというより、地域的な違いなのかなーと思います。
下駄箱のように、昔の言葉の名残が残っていて、今では実体と
違ってきてしまっているものは、けっこうあるような気がします。
Posted by かこ at 2016年05月30日 18:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
♪ Pick up items ♪ スポンサードリンク
持ち手付き長財布 IH対応炊飯土鍋 つなぎのレインオール 北欧紅茶
エーラベルふりかけ エー・ラベル カレー 化学調味料無添加たれ ゴマ抜きラーメン