ちびこといっしょTOP貧血【貧血】ヘモグロビン数値7.8から二ヶ月で14.9に改善!その三ヶ月後
2016年12月04日

【貧血】ヘモグロビン数値7.8から二ヶ月で14.9に改善!その三ヶ月後

今年6月に健康診断でヘモグロビン数値7.8g/dlというひどい貧血であることが分かり、鉄剤を飲みつつ、鉄剤の静脈注射を集中的に打ち、二ヶ月で14.9g/dlと基準値をクリア。

貧血の原因が過多月経(子宮内膜が厚い)ということで、出血量を減らすため同時にミレーナも導入しました。

***

ミレーナの状況としては、導入後、ものすごく出血量が減りました。1、2日目でも今までの4日目くらいの量。

月経が無くなってしまう人もいるようなのですが、今のところまだあります。生理じゃない時期の不正出血もずっと少量だらだらと続いていたのですが、ここ一ヶ月くらいは不正出血が消え、快適に過ごしています。

たまに子宮の収縮からだなーと感じる下腹部痛もありますが、生理痛専用薬エルペインを一錠飲むくらいで収まっています。

***

先日、ミレーナの4ヶ月目の定期検査と貧血の検査に行ってきました。

ミレーナは、ずれもなくよい位置に収まっているということで、安心しました。

顔色がいいから貧血の検査はしなくてもいいかもと言われましたが、念のために採血していただきました。

返ってきた結果は、「ヘモグロビン数値14.8」!!(基準値12.0〜16.0d/dl)他の数値も基準値内です。

鉄剤も飲まず、特に鉄分を意識した食生活をしているわけではないので、ずるずる数値が下がっていたらどうしようと心配していましたが、出ていく量が激減するとやっぱり貧血にはならないんですねぇ。

階段昇っても息切れしないよ!次の検査は1年後ということになりました♪

***

ずっと前、赤ちゃんに授乳していた頃、授乳中にすーっと気持ちが冷えたり、気持ち悪くなったり、頭が働かなくなったり、絶望感に襲われたり、授乳の時間がとても苦痛でした。

ホルモンバランスの崩れか、育児ノイローゼか?と考えていましたが、今になってみると、貧血症状(酸欠)が大半だったのかもしれないと思ったりします。

症状がとても似ているので、うつかと疑ったら貧血だったなんてことも多いらしく、産後で心身の調子が悪い方は、貧血が原因かもしれないと、頭に入れておくといいかもしれません。

妊娠中は定期的に貧血検査と鉄剤の処方があるのに、出産後はなくなってしまうんですよね。

寝不足とか乳幼児育児がつらい原因はいろいろあったけれど、貧血に気づいて鉄剤を飲むなどの治療ができていたら、もうちょっとあのふらふらな時期をマシに過ごせていたのではないのかな、なんて、思ったりします。


授乳中のママは幸せであるという妄想


posted by かこ at 12:05 | Comment(2) | 貧血
Ads by Google
この記事へのコメント
母乳って血液ですものね〜。
貧血になってもおかしくないのは確かですね。
どちらかというと、血の気が多いほうの私でも、
授乳中だったか、妊娠中だったかに、
やたらと氷が食べたくなる症状におちいりました。
調べてみたら、氷食症は貧血の時になるって書いてあって、
驚いた経験があります〜。
まぁ、ほんのいっときのことだったんで、
それがホントに貧血による症状かどうかは今となってはわかりません。
Posted by 心姫 at 2016年12月04日 14:36
ずーっと氷が好きだったんですけど、貧血が治ったらさっぱり
氷を食べたいと思わなくなったんですよね・・・。
そこまでと思ってなかったんですけど氷食症だったんでしょうね、やっぱり。
Posted by かこ at 2016年12月04日 20:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
♪ Pick up items ♪ スポンサードリンク
持ち手付き長財布 IH対応炊飯土鍋 つなぎのレインオール 北欧紅茶
エーラベルふりかけ エー・ラベル カレー 化学調味料無添加たれ ゴマ抜きラーメン