ちびこといっしょ

二歳差・保育園卒・小学生のちび兄弟。育児と仕事と日常の話。ゴマアレルギーも。

息子が恋人?

世間には、子供が自分の分身、とか
息子は小さな恋人、なんていう人がいる。

それはそれで、とても幸せな関係なのだとは思うのだけれども、
私は、子供たちがおなかにいた時から
赤ちゃんが、自分の一部だと感じたことは一度もない。

私の身体を貸している。そんな感じ。

お腹の中でごにょごにょ動く赤ちゃんをにょこちゃんと呼んで
私はいつも不思議で面白いなぁと楽しんでいたものだ。

*****

お腹から出てきた赤ちゃんは、
私にとって、一番身近で大切でお世話すべき他人だった。

それなのに、赤ちゃんは、私の生活に24時間介入し
いつでも自分を一番に扱え、と訴えた。

他人と距離感がないとやっていけない私は
ずかずかと踏み込んでくるその姿に
恐怖のような感情さえ覚えたものだ。

何があっても、私のことが一番好きで
いつも近くにいてほしいと、ひたすらに叫ぶ存在を
愛しいと思うことができれば、幸せに過ごせたのかもしれない。

もしくは、自分の一部だと思えることができれば、
少しは楽に過ごせたのかもしれない。

そんな風には、ちっとも思えなかったけれど。

そして、そんな風に思えない自分に、思い悩んだりもしたけれど。

*****

今、長男は6歳、次男は4歳。

彼らは、今でも無条件に私を愛してくれている。

そして、彼らは、自分自身の意思を持ち、
自分で歩き、自分で遊び、自分で生きていける力を持ち始めている。

彼らには、個性がある。
私の一部であるはずがない。

そして、彼らは、これからも
私の一番大切で、身近な他人であり続けると思うのだ。

♪ こちらもどうぞ ♪

踏切で電車を眺める 仕事に行く途中で、電車に向かって手を振る お母さんと小さな男の子を見ました。 それは、一見、とても幸せに見える光景で。 でも、私の胸は、ぎゅうっと苦しくなってしまったのです。 ***** ずっと昔のことは忘れてし...
ママ24時間365日営業中 あなたの旦那さんや、お子さんや、大切な友人が 土日も関係なく毎日出勤して、深夜残業も頻繁にあり、 しかも、夜中だろうが早朝だろうが、 しょっちゅう会社から電話がかかってくる、 そんな仕事をしていたら、心配になりませんか?...
「赤ちゃん」浜文子 私が、赤ちゃんだった長男を抱えて 孤独で、淋しくて、辛かった時 ネットで見つけて、何度も読んで泣いた 浜文子さんの詩です。 「育児 孤独」 「子育て 辛い」 「赤ちゃん 二人ぼっち」 そんな言葉で検索して、 この...
溶けていく怒り 今、長男は6歳、次男は4歳。 私は、今でも、長男の授乳期、専業主婦だった頃の ことを考えると、胸がぎゅうっと苦しくなって 涙が流れたり、怒りに包まれたりします。 当時は、ただ、無感情になってしまったような 自分をおか...
赤ちゃんママにネイルシール 出産後できなくなること、それはマニキュア。 赤ちゃんが寝ている間に、なんて思っても、 お昼寝中だろうが、夜中だろうが、ぐずって呼ばれることが度々。 落ち着いてネイルを乾かす暇なんてありません。 奇跡的にうまく塗れたと...

♪ Pick up items ♪ スポンサードリンク
持ち手付き財布 IH ご飯土鍋 フィルムミラー 北欧紅茶
すこやかふりかけ エーラベルカレー 焼肉のたれ 鴻巣ラーメン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です