ちびこといっしょ

二歳差・保育園卒・小学生のちび兄弟。育児と仕事と日常の話。ゴマアレルギーも。

ターニングポイント

子供たちが北海道から帰ってきました。親のいないところで、大好きなおじいちゃん、おばあちゃん、いとこ達と一緒に、頑張ってお行儀よく楽しく過ごしていたみたい。普段食べないものもたくさん食べたよね。

行きは一緒に実家に帰省して、私と夫だけ先に帰宅。空港の往復で思ったのは、本当に連れ歩くのが楽になったなぁ、ってこと。ぐずらないように、泣かないようにとひやひやしながら、祈るような気持ちでリムジンバスに乗っていたのにね。

すごく大きくなった。放っておいても自分で自分のことができるようになってきた。

子供たちがいない間、何をしようって考えてたんだけど、結局、たいしたことはしないまま、だらだらと過ごしてしまいました。楽なことは楽で、とてもありがたかったのだけど、子供が家にいるからできないことって、今はそんなになくなってしまったから。

***

子供たちが保育園を卒園し、小学校の放課後ルーム(学童保育)に行かずに家で留守番できるようになり、「子供たちの居場所(預け先)を確保するために働き続けること」は必要なくなりました。在宅の仕事をするにしても、お母さんは今仕事しているから待っててね、が通じるようになりました。

子供がいることによる制限が、乳幼児だったころよりずいぶん小さくなって、自由が増えてきた今、私が何をしたいのかな、って考えたとき、動きが止まってしまいました。子供が小さい時から、将来的に働き続けられるように働いてきたけれど、一つのキャリアを積み上げてきた訳でもなく、これといった自信のあるスキルも無い。

これからも仕事をし続けていきたいと思うけれど、私がいただける仕事がこの先もあるんだろうか、という不安は解消できないまま、数年経ってしまったなー、と。

この間、札幌で付き合いの長い友人と、私たち今がターニングポイントなんだよね、なんてことを話してました。乳幼児育児を通り過ぎて、自分のことも考えられるようになって、40歳を前にして、さて、これからどうしよう、と。

子育てや家のことを放り投げることは今後もできないけれど、それに専念しなければいけないほどの労力はかからない時期が来てしまった。

どうやって過ごしていこうね、これから。

***

sapporo_hana.jpg

今日でブログを書き始めてから丸四年経ちました。子供たちが小さかったあの頃、仕事をすることと書くことは、私を保つためにどうしても必要なことだったんだと思うんです。子供と私の間に境界を決めて、見えなくなってしまった私の気持ちを言語化して取り出して、あやふやに溶けてしまった自分を再構築するために。

私はここにいるよ、って必死になって叫んでいたのだと思います。

今は、なんだろう。日々考えることはそれなりにあっても、それを不特定多数の人にあえて伝える必要はないかなー、って、ブログに書かないことも増えました。感じて書いたものに対しての反響を受け止める気力とか覚悟、時間も必要だったりするし。

読者さんが読みたいところだけ拾うのは仕方ないのだけど、曲解して利用されると面倒。

もともと、書きたいことを書きたい時に書く、という姿勢でやってきたので、書きたいという思いが沸き上がってこないときは、書かなくていいよね、と思っています。

今は、立ち止まって、休んで、考える時期なのだろうなぁ。私は何が好きで、何をすると楽しかったり嬉しかったりするのか。改めてね。

最近、時間の流れが遅いのです。やりたいことがたくさんあって何かを作っている時は時間があっという間に過ぎていくけれど、眺めるだけで手を止めている時、待っている時は、ゆっくりゆっくり時が経つ。

***

これからも長く続くであろう日々の暮らしを楽しんで過ごしていけるように、できることから。ひとつ一つ。

♪ こちらもどうぞ ♪

長いよ夏休み・・・一人旅に出たい... 子供ができて、ほとんどゼロになったのは、 「一人でいる時間」。 でも、赤ちゃん育児&専業主婦時代はともかく、 働き始めてからは、仕事もなく、家族と一緒でもなく、 一人だけでいる時間、というものが、私は取れるようになった...
平成25年船橋市長選挙の投票率の低さを憂う、ついでにふなっしー... 17時に投票所に行ったら、投票率が25%に届いてなかったんです。 1997年から4期、16年間も市長を務めた藤代孝七氏が引退し、 新人が6人も出馬してるというわりには、あまりにも、 市民の関心が低いんじゃないでしょうか...
ガーデニングの夢の跡 暖かくなってきたので、草や木、虫の活動が本格化する前に、 庭の雑草やらを片付けることにしました。 ほんとに狭い庭なんですけどね。 家の周りをぐるっと囲む通路と、ちょこっとだけ広いスペース。 通り道に、家のシンボルツリ...
昇降口 ちび兄が小学一年生になった時、お便りプリントに書いてある「昇降口」が分からなくて、何?と聞いたら「くつをはきかえるところ」と教えてくれました。あー、下駄箱があるところね、と返したのだけれど、自分が北海道にいた小・中・高校...
三年経ったね 今朝、ちび兄が、ゆれておやつがたべにくかったんだよ、 って言いました。 ちび兄が保育園年中、ちび弟は年少々の終わり。 ちょうどおやつの準備の時間に、大きな地震が起きました。 都内の職場にいた私は、その日は家には戻れま...

♪ Pick up items ♪ スポンサードリンク
持ち手付き財布 IH ご飯土鍋 フィルムミラー 北欧紅茶
すこやかふりかけ エーラベルカレー 焼肉のたれ 鴻巣ラーメン

コメント

  • 2人ともが小学校にあがった、
    ってのは、ものすごく大きいです。
    まだ、子供だけの留守番はちょっと心配なんで、
    短時間しかさせてませんが、それでもすごく楽になりました。
    子供たちを自転車に乗せ、スーパーまで行き、
    スーパー内を2人連れて商品を選び、それをカゴに入れて、
    また2人を前後に乗せて帰る、ってことがもう必要なくなったんですもの。
    いざ、子供に縛られず好きに出来る、なんて言われても、
    私は戸惑ってしまいそうです・・・。

  • 子供たちと一緒に買い物しなくてよくなって、とっても楽になりました。
    落ち着かないですよね。
    子供を前後に乗せていると、たくさん買い物しても積むとこないし。
    送迎が無いのも楽ですよね。雨の日とかは特に。
    こうやって、だんだんと手が離れていくんですよねぇ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です